• 藤田真有

藤田真有ソプラノリサイタルVol. 2終了しました



藤田真有 ソプラノリサイタルVol. 2 日本の歌〜北から南へ〜が無事終演しました。

二か月続けて同じ会場で演奏させていただきました。

今回は、JASRACさんから著作権料をとられるくらい( ; ; )

新しい曲を演奏しました。

うぐひす(早坂文雄)

彼方の河び(伊福部 昭)

「風に寄せてうたへる春のうた」(山田耕筰)

はなやぐ朝(中田喜直)

野の羊(服部 正)

霧と話した(中田喜直)

しぬまえにおじいさんのいったこと(木下牧子)

しぐれに寄する抒情(團 伊玖磨)

曼珠沙華(山田耕筰)

椰子の実(大中寅二)

くちなし(高田三郎)

落葉松(小林秀雄)

アンコールは

山田耕筰の赤とんぼ

沖縄民謡のてぃんさぐぬ花

でした!

今回の演奏は個人的には声のコントロールがうまくいきました。

舌の開放を試みて、高音はボリュームのあるままふくよかに出せたと思います。

前回と比べると今回はこぢんまりとした中の演奏会でしたが

短いスパンでお客様をお呼びすることの難しさを感じました。

ただでさえアウェイの東京の会場で、連月お客様に来ていただくのはかなりの難しさでした。

もっとたくさんの方に聞いてもらいたかったな・・・とは思いますが

今回は今回で、久々の再会もあったりして

全体的には花マルかな。

両親も、千葉の親戚も来てくれました。

いとこの娘ちゃんには初めて会いました。

可愛い子でした。

前回も今回も東京に駆けつけてきてくれて、

応援してくれる両親にも感謝。

次なる演奏の機会に向けて、両親と作戦を練りました。



今回は、プログラムに加えて自分で書いた文章も挟んでみました。

お客様に喜んでもらえる演奏を!

私も楽しめる演奏を!

歌手として、成長できていると思います。


62回の閲覧